本文へスキップ

アトリエ チェリーヒルは、鎌倉から小淵沢へ移転し花とハーブの活動を始めました。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.090-1112-0406

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾

ブーケの持つ深い意味

ウェディングブーケは、愛と夢と幸せがいっぱい詰まった素敵な花束です。そんなウェディングブーケにまつわる心温まるお話をいくつかご紹介します。

プロポーズの意思を伝えるアイテム

その昔、ある男性が愛する女性へプロポーズをする際、野花を摘んで花束をつくり、それを女性へ贈りました。その花束を受け取った女性は、愛を受け入れる証として「YES」と返答する代わりに、もらった花束の中から一輪の花を抜き、それを男性の胸ポケットにさした、というのがウェディングブーケの由来だといわれています。

魔よけとしての役割も期待されていた

中世においては、花を束ねたものではなく、主に香りの強いハーブやガーリック(にんにく)を使用したブーケを花嫁に持たせ、邪悪なものから守ってくれる『魔よけ』のようなものとして使用されていました。幸せいっぱいの花嫁に対し、その嫉妬心から近づこうとする悪魔を遠ざけるためには、新鮮なハーブの香りがよく効くとされていたのです。

ブーケトスで独身女性の婚活を応援

現代のブライダルシーンでは、もはや定番となりつつあるブーケトス。新婦さんは、参列してくれた未婚女性達の前で後ろ向きに立ち、背中越しにブーケを投げます。ブーケを運よくキャッチできた女性は、「次の花嫁になれる」との言い伝えがあります。次の幸せをバトンタッチしていくブーケトスは、結婚式を盛り上げる大切な演出として、花嫁にとってもゲストにとっても楽しめる素敵な時間となります。

ブーケを持つ事についてちょっとした疑問や不安を抱いているとき、こうやってブーケの由来を辿ったり、ブーケに込められた意味を知る事で、ブーケへの思い入れがさらに増すのではないかと思います。一生の中でも一大イベントとなる結婚式では、ぜひオリジナルの手作りブーケを持参して当日を迎えましょう。ウェディングブーケのオーダーならアトリエ チェリーヒルまでお問い合わせください。

 

スタッフ写真

shop info.店舗情報

アトリエ チェリーヒル

〒408-0041
山梨県北杜市小淵沢町
上笹尾
TEL.090-1112-0406
FAX.
→アクセス